就活と採用

今の採用市場はちゃんとマッチングができていない

今の世の中、会社で働き始めて、

この会社でよかった、

自分の思い描いていた仕事ができてる、

って人って、どのぐらいいるでしょうか?

ほとんどいない気がするんですよね。

 

大変の人は、入社する前に思っていた環境と違う環境が待っていたり、

やりたい仕事ができていなかったりするんじゃないんでしょうか。

 

ってことは、

採用時点でちゃんとマッチングできてないんですよね。

 

こんな記事を見つけました。

就職活動で話を平気で「盛る」学生の言い分 キツネとタヌキの化かし合い…?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170313-00000045-sasahi-soci

 

内容としては、約4分の3の就活生が、

就活で嘘をついたことがある、

という話です。

今までの実績について誇張したり、

普段とは違うキャラを装ったり

 

これって、お互いのためにならないんですよね。

就職する側も、素の自分でとってもらったわけじゃないから、

自分がやりたいことや能力にマッチした仕事環境にはならないし、

採用する側は、当然思ってた人材と違って、予定していたパフォーマンスにつながらないことになる。

結果的に部署や職種のミスマッチとかも併発する。

 

ただ、この記事でもう一点着目しなきゃいけない点は、

企業側も嘘をついている

から、学生も嘘をつくのだという点。

一部の人間しか行けない花形の部署の人間ばかり登場させたり、

採用活動も表面上に出ているものと実態が違ったりとか。

 

これもお互いのためにならないわけですよね。

学生側が思ってたのと違う、といって辞めてしまったら、企業側にも損失なわけで。

 

でも、それができないのは、お互いに、

そうでもしないと就職できない

そうでもしないと良い人材が集まらない

という問題を抱えているからですよね。

 

となると、もっと、

企業側は業務体制を最適化した上で、もっと細分化した採用が必要になるし、

就職する側も、自分が何をやりたいか、何が嫌か、というのを明確にしなきゃいけない。

 

そういうことが一般的になるよう、僕は地道に活動していきます。

この場はここまでにしますが、これからもいろんな記事でこの問題について触れていきます。

関連記事

  1. 就活と採用

    就活大量応募文化やめませんか

    最近あんまりブログでは記事にしてこなかった気がしますが、採用、就活系の…

  2. 就活と採用

    総合職採用やめようよ

    最近就活系の話題も多い中で、一つ思うのが、総合職ってなに?、です。…

  3. 就活と採用

    よく知らない会社を受ける就活生の感覚がわからん

    来年の春に卒業する学生の就活が3月に開始となったそうで、就活関連の記事…

  4. 働き方について考える

    仕事内容の優先度が低すぎてやばい

    世間的には18新卒の就職活動の話が大分落ち着き、就活関連の記事を見るこ…

  5. 就活と採用

    ○○人材とか○○職って一括りにできなくない?

    結構自分の主張の根幹に関わる話です。自分の肩書を人に説明する時…

  6. 就活と採用

    採用って時間をかけるべきでしょ

    最近は就活系の話題がやはり多く、採用に関して各社の工夫とかの記事を見る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. マインド

    「睡眠」の重要性
  2. エンタメについて考える

    ゲームで賞金の出る大会が増えてきた
  3. 新しい働き方に触れる

    適性判断のための「多動」のすすめ
  4. 働き方について考える

    バックオフィスに女性が集中する悪循環が起きてるらしい
  5. 生き方について考える

    何も一つの仕事で全ての収益を得る必要はない
PAGE TOP