個人が稼げる仕組み・サービス

アフィリエイトとコンテンツの質は密接に関係している その2

※ 長くなりそうなんで、3回に分けます。その1はこちら。

アフィリエイトとコンテンツの質は密接に関係している その1

 

その1では広告収入という競争構造がコンテンツの質向上につながるよね、

っていう部分に触れたんですが、今回は、

競争構造によって生まれる問題点について触れます。

 

端的に言うと、

より多く見られたもんがち

になってしまって、コンテンツの質とは無関係に、

とりあえず見られればいいや

が正当化されかねない、という話です。

 

こういう記事を見かけました。

ゲームメディア側の視点からアフィブログ問題を語ってみる。ゼルダ95分で全クリという誤報の大拡散から考える、現代のメディアのありかた

この作品が「95分でクリアできる」というデマが流れた、という記事だ。

 

「悪い記事」のほうがPVは簡単に稼ぎやすいという現実がある。一説によれば、ネット上の書き込みにおいては、善意よりも悪意のほうが8倍以上の拡散性があるとも聞く。

 

ネットには100万PVを超える記事などはいくらでもある。例えば、仔猫の写真まとめや、ちょっとエッチな画像まとめなどがそれだ。そういうネタ自体は否定しないし、それはそれであるべきなんだけども、じゃあ、頑張って取材して書いた記事と、ネットから仔猫の画像を集めただけの記事が、同列に扱われてしまうとしたら……やっぱり、頑張って書く人は報われない世界になってしまう。

簡単に言うと、

デマ記事がすごいPVを稼いだ、

って話なんですが、多く見られるが正義で、

良い記事、正しい記事かどうかが関係なく

なっちゃってるんですよね。

 

さらに言えば、むしろ悪い記事とかアダルトとかの方がPVは稼げる。

たとえば、Youtubeでは違法動画をあげて稼いでる人とかも一杯いますよね。

 

競争構造自体は本来コンテンツの良質化を生み出すものではありますが、

こういった、

良質なコンテンツじゃなくても稼げる、抜け道やチート、

のようなものが出てきてしまうと、構造が崩壊してしまって、

良質なコンテンツが出てこなくなっちゃうんですよね。

スポーツの世界でいうドーピングなんかもそうでしょうし、

八百長賄賂なんかもそうですよね。

 

でも、そもそもは良質なコンテンツを生み出したくて、

また、それによって広告を見てもらいたくて広告収入という構造があるわけで、

こういった動きは規制していきたいところです。

 

各社違法なものを取り締まったりもしていますが、

中々全てを網羅はできないものですよね。

 

そこで、こういったことが続いてしまうと、どうなるのか、

その3で触れようと思います。

関連記事

  1. いさおの現状や思考など雑記

    YouTubeはじめました

    タイトル通りです(笑)新しく活動の場を広げることにしたので、そ…

  2. 個人が稼げる仕組み・サービス

    YouTuberってもっと認められていいと思う

    このブログの命題である「好きなことで楽しく生きる」の代表格といえばYo…

  3. 個人が稼げる仕組み・サービス

    「人が商品」が一般的になってきた

    自分自身がフリーランスになって、ライター、ブロガー、YouTuber等…

  4. 個人が稼げる仕組み・サービス

    日々の作業をアウトソーシングできるサービスっていいですよね

    PCが壊れてしまったことや他で動いてるプロジェクトの関係で大分更新が止…

  5. ビジネスについて考える

    個人が個人に仕事を発注する時代へ

    自分自身がフリーランスになって3ヶ月弱が経ち、身をもって実感していて面…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. マインド

    一日の密度を上げる
  2. 色々な職業について考える

    音楽関係の仕事にも色々ある
  3. ビジネスについて考える

    コミュニティ産業はどんどん伸びるよね
  4. マインド

    応援と感謝を形にする
  5. マインド

    何か一つ「仕事」といえるものがあるって大事
PAGE TOP