エンタメについて考える

疲れてる時には深く考えないでいいものしか楽しめない

昨日、「けものフレンズ」が再度ゲーム化することが話題になりました。

(参照:『けものフレンズ』ゲームプロジェクト再始動! ブシロードより完全新作スマホアプリが2017年夏配信決定

アニメが大ヒットして、「すごーい!」「たのしー!」というフレーズが大流行しましたよね。

けものフレンズに関して、以前読んだ下記記事が面白かったので、考察します。

(参照:すごーい! 『けものフレンズ』大ヒットの理由に漫画家が気付いちゃったよー! 「哲学をぶっこんでるのに表面的には、わーい! すごーい!と言ってるのが痛快じゃない?」

「日本人は疲れすぎてるから、ケモノまで戻らないと癒やされないんだ」と持論を展開した。

 

なるほどなあ、という感じですね。

社会的に疲れている時は、無心で楽しめるものがいい

ってことですよね。

実際、経験ある人もいると思うんですが、余裕ない時って、あまり考えずにのめり込むもののほうが楽しかったり、とっつきやすかったりしませんか?

私の場合は、精神的に疲れてる時は、本やゲームは無理で、マンガが一番楽しめます

マンガって絵が中心だからのめりこみやすいし、非現実で楽しいし。

特に最近のゲームは同じことの繰り返しが多かったりして、やってると色々考えちゃってだめだったりするんですよね。

とか、真面目に読まなきゃいけないコンテンツはことごとく頭に入ってきませんでした。

マンガ読んでると、考えなくていいから楽なんです。

つまるところ、現実に疲れている時は、

何も考えずに現実逃避したい

ってことですよね。

 

それはエンタメ業界全体で言えることで、ヒットするかどうか、国民に受け入れられるかは、そういった国民の状態にも影響を受けるってことですよね。

上記記事の中では日本とアメリカの違い(「けものフレンズ」と「ラ・ラ・ランド」と「君の名は。」の違い」にも触れられています。

 

こういったところからコンテンツ市場が見えてくるのは面白いなあ、という思いとともに、

こんな疲れてる状態さっさと改善したいなあ、

と思いますね。

みんなが好きに楽しく生きていたら「けものフレンズ」はヒットしなかったのか、とかもちょっと興味深いですね。

 

関連記事

  1. エンタメについて考える

    YouTubeへの動画投稿が100本を超えたので振り返る

    どうも、いさお(@TakaoMeguru)です。いさお名義のT…

  2. いさおの現状や思考など雑記

    「ゲームマーケット2017秋」に出展します

    ここではちゃんと記事にしていなかったな、と思ったので記事にしておきます…

  3. エンタメについて考える

    アナログゲームを一般人が作り販売する動きが加速している

    皆さんアナログゲームってご存知ですか?簡単にいうと、ボードゲー…

  4. いさおの現状や思考など雑記

    「ミチトリ」のクラウドファンディングを開始しました

    昨日の記事でも言及したとおり、今日は私がメインで制作したゲームの話です…

  5. エンタメについて考える

    人狼TLPTがコンテンツとして凄い

    先日、人狼TLPT(舞台『人狼 ザ・ライブプレイングシアター』)を初め…

  6. エンタメについて考える

    公式パートナーとかアンバサダーとか増えそう

    考えていて中々面白い話だなあ、と思ったので記事にします。&nb…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 個人が稼げる仕組み・サービス

    LINEスタンプも個人が稼ぎを得られる仕組み
  2. ビジネスについて考える

    お金の流れる方向がどんどん変わる
  3. マインド

    何か一つ「仕事」といえるものがあるって大事
  4. マインド

    明日やろうはバカ野郎
  5. 就活と採用

    退職の理由一位が人間関係ってどうなのさ
PAGE TOP