働き方について考える

仕事内容の優先度が低すぎてやばい

世間的には18新卒の就職活動の話が大分落ち着き、就活関連の記事を見ることは少なくなりましたが、やはりちょくちょく話題にはなるものです。

そんな中、就活関連の記事は見ていて違和感を覚えることが多いので、記事化します。

 

ワークライフバランスの優先度が上がりすぎ

少し前になりますが、こんなツイートをしました。

こちらは転職活動時に何に注目するか、というアンケート結果に関する下記記事を読んでのツイートなんですが、これ異常事態だと思うんですよね。

参照:若手が転職活動で注目するのは「ワークライフバランス」

若手が転職で重視するポイントのトップ3は、「給与」(72.2ポイント)、「休日・休暇」(64.7ポイント)、「職種」「勤務地」(61.5ポイント)だった。これに対し、40代以上のミドル層は、「給与」(71.0ポイント)、「職種」(65.5ポイント)、「勤務地」(57.1ポイント)だった。

ちなみに、今日ちょうど下記のような記事も見ました。

参照:「ホワイト企業」がベストな就職先、と考えない理由

「2018年卒マイナビ大学生就職意識調査」によると、学生の大手企業志向は52.8%で、2010年卒以来8年ぶりに過半数を超えた。「自分のやりたい仕事/職種ができる会社(38.1%)」や「働きがいのある会社(15.1%)」はともに5年連続で減少。それに対し、「安定している会社(30.7%)」、「給料の良い会社(15.1%)」は2年連続増で、どちらも過去最高となった。

「自分のやりたい仕事/職種ができる会社」は回答項目中で1位だったものの、割合としては過去最低。大手企業志向の上昇に伴い、安定や給料への関心が向上している。

学生の就職観は前年までと同様「楽しく働きたい(29.7%)」が首位。2位の「個人の生活と仕事を両立させたい(26.2%)」は5年連続で割合が増加しており、就職活動におけるワーク・ライフ・バランスの重視が見てとれる。

この記事の中では筆者の方が下記のように論じられてるんですが、これに全面同意します。

しかし、学生にとってその後の人生を大きく左右する最初の企業選びの基準が、労働時間の長さや福利厚生の充実ばかりに注目していることに違和感を感じる。

仕事を選ぶ基準が労働時間、給料、福利厚生ばかりになりすぎじゃあありませんか?

 

仕事を辛いものと切り捨てすぎ

別にプライベートを重視するのが悪いと言いたいわけでも、もっと働けとか言いたいわけでもないんですよ。

私だって過去に鬱に仕事で鬱になった人間なんで、仕事をしていれば色々つらいことがあるのも知っているし、長時間労働を避けたい気持ちもわかります。

長時間労働や福利厚生の悪さで苦しんでいる人がいるのも知っていて、別にそういう人達に何かいいたいわけじゃないんです。

仕事内容や仕事環境がどれだけ重要なものか皆さんわかってますか?、という話をしたいんです。

例えば、仕事が嫌すぎてストレスを発散する時間が必要という人がいると思うんですが、そもそも仕事がそんなに嫌じゃなきゃ、発散するストレスをためないですむと思いませんか?

もし、イヤイヤやらなきゃいけない仕事を8時間やるのと、やってて楽しさと充実感を得られる仕事を10時間やるののどっちかを選べ、と言われたらどっちを選びますか?

プライベートの時間の必要性も、仕事の時間を通して心身がどれだけ疲れるかも、仕事内容と環境によって変わってくるんですよ。

世の中のワークライフバランスを尊重する風潮って、「仕事は辛いものだからなるべく少ない方がいいし、プライベートと釣り合いが取れなきゃ無理」っていう前提があるんですよね。

だから仕事内容に対する優先度が下がって、ワークライフバランス関係の優先度が上がる傾向にあるわけなんですが、仕事内容や環境の優先度が下がっていいはずがないんですよね。

というか皆さん、やりたくもない仕事やりたくないですよね?

どうせならやりたい仕事したくないですか?

 

もっと仕事内容と環境に向き合うべき

これから就職をする学生であったり、転職を考えている人だったりには、上記のことをちゃんと考えて欲しいです。

上述の通り仕事内容次第で色々なものが変わってくるし、世の中の大半の人の転職、退職理由は人間関係のはずです。

給与や労働時間、福利厚生ばかりに目を向けるのではなくて、自分がどんな仕事をしたいのか、自分は何が好きなのか、どんな環境で仕事をしたいのか、ということにもっとちゃんと向き合ってほしいです。

 

(注)もちろん、世の中にはブラックと言われるような、違法な労働を強いるような会社もありますので、そういったものは全く気にしないでいいという話をしているわけではありません。

関連記事

  1. 就活と採用

    退職の理由一位が人間関係ってどうなのさ

    4月も2週目半ばで、まだまだ新年度が始まったばっかなわけなんですが、…

  2. 働き方について考える

    「管理職=優秀・目指すべきもの」の構図やめようよ

    世間一般的に、「早くに管理職になれる人間は優秀」「管理…

  3. 就活と採用

    ロールモデルって大事

    今回はフリーランス、会社ともにいえるであろう、ロールモデルの重要性につ…

  4. 働き方について考える

    ブラック改善には就職する側の意識改革も必須

    世の中ではブラック企業だあーだこーだという議論が絶えません。実…

  5. 就活と採用

    採用って時間をかけるべきでしょ

    最近は就活系の話題がやはり多く、採用に関して各社の工夫とかの記事を見る…

  6. 就活と採用

    採用って定期的にすべきものではないと思う

    採用といえば、毎年恒例の新卒採用しかり、結構定期的に何人ずつ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. マインド

    自分と同じ活動領域の人は応援したくなる
  2. 生き方について考える

    仕事によって生活費も変わってくる
  3. マインド

    一日の密度を上げる
  4. 個人が稼げる仕組み・サービス

    「人が商品」が一般的になってきた
  5. いさおの現状や思考など雑記

    やっぱりゲームが好き
PAGE TOP