○○を武器にする

人が集まるところにお金は集まる

当たり前でしょ、と言われることかもしれませんが、結構見落としがちであったり、気づかれていないことな気がするので、記事化します。

好きなことを仕事にする、とか、仕事を作り出す、とかいうことを考えるにあたっては、非常に重要な考え方だと思います。

 

人が集まるところでは大きなお金が動く

基本的に人が集まるところにお金は集まります。

これは例えば参加費1,000円のイベントも100人集まりゃ100,000円になるじゃん、とか、人が多くなると場所とかも用意しなきゃいけないからお金かかるし動くよね、という話をしているわけではありません。

集まる人が多いと宣伝効果が大きいので、大きなお金が動くんです。

例えば、多くの人が集まれば集まるほど、そこに何かの広告を出せば多くの人が見てくれる可能性があるわけで、そこに広告を出す価値というのが非常に大きなものになるんです。

ブログのアフィリエイトなんかも当然PV数の多いブログの方が、タイアップ等で動く金額も多いでしょうし、YouTuberもしかりです。

メディアに対する広告の出稿料とかも、大手のメディアになればなるほど高いですし、イベントなんかも大規模になればなるほどブースの出展料とかも高くなるはずです。

あとは、プロスポーツ選手にはよくスポンサーがつきますが、これは多くの人に見てもらえるからスポンサーがつくわけです。

人が多く集まる場というのは、その場自体の価値がどんどん上がり、大きなお金が集まってくるのです。

 

人が集まっていればお金を集められるはず

基本的には人を多く集まっていれば、お金を集めることができるはずなんです。

例えば、フォロワー数が多い人というのはそれだけで大きな宣伝効果をもつので、企業とタイアップでプロモーションとかすればお金が集まるでしょうし、人が多く集まるイベントをやるのであれば、スポンサーを集めれば、お金は集まるはずなんです。

ただ、世の中には多くの人が集まっているにも関わらず、多くの人が集まっているという状況を上手く利用できず、上手くお金を集められていない場所、人、サービスというのもあります。

人が集まっている状況というのは、絶対に誰かからするとお金を出してでも利用したいはずなので、頑張ってその人を見つけることができれば、お金は集められるはずなんですよね。

逆に言うと、お金を集めたい人というのは、人を集めればいいんです。

もし何かをしたいのにお金がない、足りない、という場合には人を集めることができればいいんです。

人が集まればその時間、場所等に価値が出て来るので、上手く利用することができれば、お金を集めることができるはずです。

お金を集めたいなら人を集めればいいし、人が集まっているならお金は集められるはずなんですよね。

 

人を集めることが得意な人はそれだけで仕事になる

上記のように考えていくと、人が集まっている状況を上手くお金に繋げられる人と、人を集めることができる人というのは、それだけで仕事になりうるはずなんですよね。

特に、人を集めることに関しては仕事、といった認識からは少し遠いかもしれませんが、人を集められるのも才能ですし、絶対に需要はあるんですよね。

先日下記記事を見たときには、私にはこういうことは無理だし、本当に才能だよなあ、と痛感したものです。

あやまんホント凄かったよね!この人といたら誰とでも飲めるってくらい。たぶん、今だったらトランプさんとも飲めたと思うよ(笑)

私が何をしてたって訳じゃないんだけど、盛り上がることが好きだし、A型で几帳面な性格だから、マメに連絡取り合ったり、男性から飲み会しよ!って言われたら人を集めたりしてただけなんだよ!

人を集めるのが得意だったり、飲み会のセッティングが得意だったりする人っていますよね。

その能力を上手く使うことができれば、それだけで十分仕事になりえると思います。

街コンとか異業種交流会とか考えてみると、個人レベルでも、もっと多くの人と知り合いたい、自分を知ってもらいたい、つながりたい、という需要は一杯あって、結構なお金を支払っている人がいると思いません?

 

市場は作り出せる

上述の通り、人を集めることとお金を集めることは密接な関係があります。

今回は広告効果みたいな部分にのみフォーカスして書いてはいますが、それ以外にも人が集まるところにお金が集まる理由はあると思います。(つきつめれば全部広告効果になるような気もしていますが)

こうやって書いている中で私が考えていることは、人を集めるのが得意な人はそれだけで仕事になるよね、という話とともに、今お金があまり動いていなかったり仕事になりにくかったりする分野であっても、人を集めることができれば、市場にしてお金を動かし、仕事にすることができるよね、ということです。

例えば、ゲームがe-sportsとして認知されプロ選手とかも出てきたのって、大会が開かれ、人が集まるようになって、スポンサーが出現してきたからですよね。

市場や仕事というのは、人を集めることができれば作りだすことができるんですよね。

世の中の大半の人の好きなことや趣味というのが、今はまだ市場、仕事になっていないものが多い気がするので、どんどんそうやって変えていきたいですよね。

関連記事

  1. ビジネスについて考える

    コミュニティ運営で難しい「受容」と「拒絶」

    先日これからコミュニティの重要性がましてくるということと、コミュニティ…

  2. ○○を武器にする

    「グルメ」は武器になる

    「好きなことで楽しく生きる」なんて言いながらフリーランスとして活動する…

  3. ○○を武器にする

    人に頼れるのも才能

    先日あるツイートを見てから記事にしようと思っていたので、記事にします。…

  4. ビジネスについて考える

    良い物は「きっかけ」があればバズる

    ゲームマーケットだったり、最近ネットで色々見ている中で痛感しているので…

  5. エンタメについて考える

    コミュニケーションを生み出せ

    昨日下記のような記事を書いたんですが、実は一番ともいえるほど大事なこと…

  6. ビジネスについて考える

    SNSについて考える

    ちょうど最近SNS系の記事をいくつか読んで、記事化したい内容もあったの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. いさおの現状や思考など雑記

    フリーランスも一歩間違うと社畜になる気がする
  2. マインド

    ニーズを捉えればちゃんと数字は伸びる
  3. ○○を武器にする

    魅力と営業力は相互補完関係にある
  4. おすすめの本紹介

    「多動力」は誰でも可能性を見いだせる考え方だと思う
  5. いさおの現状や思考など雑記

    現状と理想を語る(2017年10月度)
PAGE TOP