個人が稼げる仕組み・サービス

報酬金額って難しい

フリーランスになると仕事に対する報酬額というのは凄い意識するようになり、自分自身元々依頼する側、最近依頼したりする側としても考える部分があるので、記事にします。

 

依頼する側は当然安く依頼したい

私は元々フリーのイラストレーターさんとかにイラストを依頼する仕事をしていました。

また、最近はあるプロジェクトで作業を依頼したりすることがあります。

その際に問題になるのが依頼金額なんですが、当然依頼する側は安くしたいんですよね。

相場的に必要な金額とか、その人に依頼するにはこれぐらいじゃなきゃ、というのはもちろんあるんですが、なるべくなら安く済ませたいものです。

最近は個人でも日々のサービスを外注するようなことが出てきたり(参照過去記事:日々の作業をアウトソーシングできるサービスっていいですよね)、個人で活動するにあたって、個人から個人に仕事を依頼するようなケースも増えてきています(参照過去記事:個人が個人に仕事を発注する時代へ)。

日用品や外食においても少しでも安いものを求めるように、当然仕事を依頼するのだって、それぞれ少しでも安いものを求めるんですよね。

一部の方を除き、金額が気にならないほどお金を稼げてます、という人も少ないので、ある種しょうがないとも言えると思います。

 

報酬金額が上がらない悪循環

上記の通り依頼する側からすると当然少しでも安い金額で依頼をしたいと考えます。

一方、仕事をする側からしたら、当然少しでも高い方がいいわけです。

仕事をする側はその仕事を通して生活費を稼いでいるわけで、あまりに報酬が安いと、生活が立ち行かなくなってしまいます。

で、どうやったら少しでも多くの金額をもらえるかというと、他の人にはできないような仕事(内容、質含む)をするしかないんですよ。

例えば、有名なデザイナーに仕事を依頼するとなったら、依頼金額は必然的に高くなってくるわけです。

じゃあ明確な実績や信頼もないような個人が報酬金額を上げられるかというと、中々上げられないんですよね。

依頼する側は少しでも安いほうがいいわけで、他に安い手段があればそっちを選ぶと思うと、安くても受けなきゃいけないからです。

0よりは少しでもあった方がいいですからね。

そして、一回安く受けてしまうと、よっぽどじゃなければ安い状態から抜け出すことができなくなってしまうんです。

 

依頼する側もある程度の金額で依頼する意識を

依頼する側の少しでも安く依頼したいという意識は当然のものではあるんですが、安い状態が一度生まれてしまうと、その金額が中々上がらず、その仕事をする人たちが苦しんでしまう、という流れがあります。

安い金額で依頼する人、受ける人が増えると、その仕事をする人達が苦しみ、減っていくことになりかねないんですよね。

そう考えると、依頼する側は安く依頼したいという気持ちをぐっとこらえた上で、ある程度信頼がおける、依頼をしたい、という仕事に関しては、ある程度の金額をもって依頼するという意識を是非持ってほしいんです。

そうすることで、その仕事をしている人たちはその仕事を続けることができ、依頼者側もずっと依頼を続けることができます。

その結果、依頼者側にも巡り巡ってお金が回ってきたりもするでしょう。

ネットが普及して便利になって、なんでも安く依頼できるようになってしまいましたが、仕事にはそれ相応の依頼金額を支払うという流れがうまれるといいですよね。

関連記事

  1. 個人が稼げる仕組み・サービス

    ブログには収益を得る以上の効果がある

    世の中にブロガーというものが浸透してきて、ブログで生活している…

  2. いさおの現状や思考など雑記

    YouTubeはじめました

    タイトル通りです(笑)新しく活動の場を広げることにしたので、そ…

  3. 個人が稼げる仕組み・サービス

    日々の作業をアウトソーシングできるサービスっていいですよね

    PCが壊れてしまったことや他で動いてるプロジェクトの関係で大分更新が止…

  4. 個人が稼げる仕組み・サービス

    アフィリエイトとコンテンツの質は密接に関係している その2

    ※ 長くなりそうなんで、3回に分けます。その1はこちら。htt…

  5. 個人が稼げる仕組み・サービス

    YouTuberってもっと認められていいと思う

    このブログの命題である「好きなことで楽しく生きる」の代表格といえばYo…

  6. エンタメについて考える

    ゲーム実況系YouTuberが羨ましい話

    ここ最近結構思っていることなので、記事にします。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 新しい働き方に触れる

    適性判断のための「多動」のすすめ
  2. いさおの現状や思考など雑記

    「ゲームマーケット2017秋」に出展します
  3. 生き方について考える

    パン屋になりたい人が多いらしいけど・・・
  4. 働き方について考える

    ブラック改善には就職する側の意識改革も必須
  5. ビジネスについて考える

    知人づてこそ最強のプロモーション手段
PAGE TOP