いさおの現状や思考など雑記

ゲームマーケット2017秋を終えて

久しぶりの更新ですね。

自分の中で一大イベントが終わり、一区切りつきましたので、報告です。

 

「ゲームマーケット2017秋」に出展してきました

先日このブログでも報告しましたが、12月2日(土)、3日(日)に東京ビッグサイトで開催された「ゲームマーケット2017秋」に出展してきました。

※ ゲームマーケットってなんぞやとかは下記記事をご参照ください。

「ゲームマーケット2017秋」に出展します

ブースにお越しいただいた皆様、試遊、ご購入いただいた皆様、本当にありがとうございます。

結論から言いますと、お陰様で私が中心となって製作したボードゲーム「ミチトリ」は2日間で120個(売上にすると30万円)販売することができました。

クラウドファンディングのページとかを見ていただければわかるので正直に色々と書きますが、ミチトリはゲームマーケット用に在庫が約400個ありましたので、結果的に在庫は余りまくりです(笑)

それに今まで色々なコストをかけてきている中、ミチトリは自分自身の感覚から値段を抑えたいという思いで原価率が極端に高いため、コストは全然回収できておりません(笑)

正直、2日で120個というのが、ゲームマーケットで出展していたゲームの中でどれぐらい売れているのかもよくわからないんですよね。(400個になった理由は、製造原価を下げるためと、伝え聞いてる話からそれぐらい売れる可能性も多少はあるのだろう、と思っていたためです。)

ただ、2日で30万円という売上自体は、ボードゲーム界隈での人脈も経験もろくにない中、自分が独立して以来初めて目に見える大きなアウトプットとして達成感を得るには十分で、何よりもたくさんの方に面白いと言っていただけ、購入いただけたというのは、本当にうれしいです。

今までたくさんの方々にご支援、ご協力、応援いただけた結果、ここまでたどり着くことができました。

本当にありがとうございます。

※ イベントの様子とかGakeoutとしての報告は下記公式HPの記事をご参照下さい。

ゲームマーケット2017秋のご報告

 

不安と恐怖で一杯だった

今回のボードゲーム製作、及びゲームマーケットへの出展なんですが、どちらも初めてづくしだったんですよね。

元々友人のボードゲーム製作を手伝い、そのゲームのゲームマーケットでの販売を多少手伝った経験はありましたが、自分でちゃんとボードゲームを作ったのは今回が初ですし、ゲームマーケットに出展するのも初。(仲間内で一回試しで作ってクソゲーでボツになった経験はありました)

ましてや、今回売るためにはどうにかして人目につける工夫をする必要がある、という判断からそれなりのお金を払って企業ブース(企業とか大規模サークル用の大きなブース)を押さえていましたので、ゲームの評判がどうか、売れるのか、というのはもちろん、「あんなのが企業ブースにいるのか」「全然わかってないじゃん」「ダメダメじゃん」みたいなことを言われないか、というのが凄い怖かったし、不安だったんですよね。

今まであんまり書いてきませんでしたが、ゲームマーケット出展を含めたミチトリ関連の活動には結構なお金がかかっておりまして、正直なところ、お金を借りています。

色々と調べてみればかかった金額はある程度想像できるかと思いますが、まだ十分な収益が確保できておらず、貯金を切り崩す生活をしている者にそんなお金はありません(笑)

お金を借りていること、また、今後自分自身がGakeoutはもちろんのこと、個人で色々と活動していきたいと考えている中、実績をつくり信用を得て仕事や収益につなげていく必要があることもあって、絶対に失敗するわけにはいかなかったんです。

ということで、正直イベントが始まるまでは色々と不安でしたし、情緒不安定というか、心身ともにやられていたりしました。

今回の結果も手放しで喜べるものではありませんので、落ち着いてもいられないんですが、やっぱりある程度結果は出たし、評判もよかったので、一息つけるかな、という感じです。

イベント前は結構死に物狂いで準備してましたんで、このブログやTwitterはもちろん、ゲーム用アカウントのTwitterやYouTube、Mirrativなんかも止まってしまったんですが、それだけの意味はあったかなあ、と思っております。

 

「ミチトリ」というラッキー

今回ゲームマーケットを通して感じたのは、今回私が作ったのが「ミチトリ」というゲームでよかったなあ、ということです。

自分で作っておいて何を言っとんねん、って思われるかもしれませんが、これだけ「通りすがりでも目を引ける見た目」「非常にシンプルでわかりやすいルール」「ルールを聞いただけでもなんとなく面白さが伝わる・買ってくれる人がいる」「ありそうでなかった仕組み」「ふと気になるネーミング」みたいな、ゲームマーケットという場に適し、知名度や実績のない人や団体でも売れる要素を持ちまくったゲームってもう作れる気がしないんですよ。(ちなみに名付け親は私じゃありませんw)

もちろん、もっと売れている方々、ゲームをたくさん作った方々からすればそんなことないとか、勘違いしてるとかあるかもしれませんが、自分なりの分析です。

ゲームマーケットが始まるまでは、当日何を言われるかわからなかったり、本当に面白いと思ってもらえるんだろうかとか色々考えちゃったりで不安でしたが、なんだかんだいって我ながら本当に完成度の高いゲームだと思います。

当日に言われた意見とかも色々ありはしますし、思うところがある方もいらっしゃるとは思いますが、個人的には本当に満足のいくゲームです。

「ミチトリ」というゲームを作れてよかった、と心から思うんですよね。

 

今後も活動していきたくなった

実は、一時期までは、ミチトリの後はゲーム作らなくていいかなあ、とか思ってたんですよね。

ミチトリ以上のゲームを作れる気もあまりしてなかったですし、あんまり創作意欲がわいてなかったのもあって。

でも、今回のゲームマーケットを通して、これからもゲームを作っていきたくなったし、Gakeoutとしてゲームを売ったり、色んな活動をしていったりしたくなったんですよね。

ゲーム案はゲームマーケットちょっと前ぐらいから色々湧くようになった、というのもあるんですが、今回のゲームマーケットを通して、「自分のゲームを買ってもらえることの嬉しさ」「自分のゲームを楽しい、面白いと言ってもらえる喜び」「ゲームを楽しんでくれている人達を見る喜び」みたいなのをすごく感じまして、やっぱり色々とやっていきたいな、と。

また、今回色々と協力いただいた方々のためにも、自分だけじゃなくて色々な人がそういった喜びだったり実益だったりを得られる仕組みや場所、器をちゃんと作っていきたいな、と。

ミチトリの販売もゲームマーケット後はどうしたもんかなあ、と思ってましたが、やっぱりもっと多くの方々に遊んでもらえる、買ってもらえるよう、色々と頑張っていきたいと、今は強く思っています。

Gakeoutやボードゲームデザイナーとしての活動はもちろん、私個人の様々な仕事や活動もまだまだではありますが、これから頑張っていこうと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. エンタメについて考える

    マネジメントゲームに見るゲームの可能性

    先日参加した研修を通して、ゲームの可能性について色々考えたので、記事に…

  2. エンタメについて考える

    「JAEPO×闘会議 2018」に行ってきて

    昨日(2/11)に「JAEPO×闘会議 2018」に行ってきましたので…

  3. いさおの現状や思考など雑記

    YouTubeはじめました

    タイトル通りです(笑)新しく活動の場を広げることにしたので、そ…

  4. エンタメについて考える

    記念撮影ですらゲーム(商品)になる

    世の中ではいろんなことがゲームになったり、商品になったりするもので、…

  5. エンタメについて考える

    ゲームは人の心を動かす。無駄なものなんかじゃない。

    すいません、今回はあまり働き方、生き方にあまり関係ないかもしれません。…

  6. エンタメについて考える

    ゲームだって勉強になるし、学べることはある

    ゲームって代表的な娯楽の一つで、やりすぎちゃいけません、とか、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 生き方について考える

    仕事によって生活費も変わってくる
  2. エンタメについて考える

    プロになれなきゃただのゲーマーとして見られる実情
  3. いさおの現状や思考など雑記

    「ホリエモンの飲み人狼」に出演します。
  4. エンタメについて考える

    分野外の人の感覚の重要性
  5. マインド

    自己満も大事
PAGE TOP