マインド

年末の挨拶をしたくなる一年に

賛否両論ありそうな気はしますが、年末年始の色々な投稿を見ている中で考えたことを記事にします。

 

普通は新年の挨拶をする

年末年始って仕事が休みになって、親戚や久しく会ってなかった人と会って、年賀状送って、みたいな挨拶をすることが多い期間だと思います。

そんな中、昨日このようなツイートをしました。

一般的には、年末の挨拶より、新年の挨拶をするもの、な気がするんですよね。

年賀状に始まり、「新年あけましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。」というのは鉄板挨拶で、新年になった瞬間にネット上では挨拶が飛び交って、メールやLINEは届きにくくなったり。

ただ、去年私自身が色々なことがあった関係で、新年の挨拶よりも、年末に色んな人に向けて挨拶をしたいなあ、と思って、TwitterやらブログやらFacebookやらで色々と投稿をしていたんですが、よくよく考えると年末の挨拶の習慣ってないんだな、と。

年が明けた瞬間に「あけましておめでとうございます」、という色々なところで流れるし、「今年は○○な一年にしたいと思います」みたいな言葉が流れるけれど、年が終わる瞬間に、「今年はこんなことがあり、お世話になりました。来年はこんな年にしたいと思います。」みたいなのって、流れないことはないけど、少ないんですよね。

 

年末の挨拶をしたくなるということ

じゃあなんで去年私が年末の挨拶をしたかというと、「単純にしたかったから」なんですが、なぜしたかったかというと、「今年一年色々あって、たくさんの人にお世話になったし、ちゃんと報告だったり話しておきたいと思ったから挨拶をした」って感じなんですよね。

まあ、そもそもは年賀状もこういった要素あるとは思うんですけど、なんとなく事後報告感あるなあ、とか、年末にしておきたいなあ、と思ったからしました。

で、色々とSNSとか見ていると、一年間に色々あった人ほど、年末に挨拶をしているな、と思ったわけです。

阿佐ヶ谷にあるぺーたーず(ひみつきち & Bar – PATERS | 人が好き。ワクワクすることが好き。)で会ったメンバーや、某コミュニティのメンバーや、クラロワ関連で知り合った人だったり。

芸能人とかタレントにしても、2017年に色々あった人ほどあいさつしてるな、と。

もちろん、決まりや慣習があるわけではないので、個人の感覚や裁量次第だとは思うんですけど、自分にとって大きな出来事とか変化があったときほど報告とか挨拶ってしたくなるような気はしていて、その一年が自分にとって思い出深いものだと、年末の挨拶をしたくなる、というような気がしているんですよね。

まあ恐らく変化の感覚が短くなると、逆に年末とか関係なくなって、年末も年始も挨拶しなくなると思うんですけど、1年がどういったものだったかを物語っているのかな、と。

 

年末に挨拶ができる一年に

もちろん、ここまで書いてきたことは完全に私の主観、感覚なんで、違うという人もいるでしょうし、否定もされるかもしれないです。

でも、この感覚、分かる人も結構いるんじゃないでしょうか。

年始に「今年はこんな一年にしよう」とか、「来年はこうしよう」とかって、「いつかやる、は絶対やらない」とかと同じように、結局実を結ばない気がするんですよね。

私は今年一年、「年始よりも年末に挨拶がしたくなるような一年」にしたいと思っています。

自分の中で、一年色々頑張って、年末に振り返った際に色々やったなあ、色々な人にお世話になったなあ、と挨拶をしたくなるような。

そして、年末に振り返った際に、次の進み方をしっかり自分の中で考え、思い描いているような。

思い立ったらすぐ行動、そして、口だけじゃなくしっかり行動で、という部分を端的に表す指標になりそうですよね。

皆さんももしよかったら気に留めてみてください。

関連記事

  1. マインド

    文化やこだわりが発展を阻害する

    ゲームをはじめ、色々なコンテンツやコミュニティの発展にあたって重要だな…

  2. マインド

    実名で活動するメリットとデメリット本気で考えてみた

    最近ふと考えたので、記事にします。なぜネット上…

  3. マインド

    「睡眠」の重要性

    またも更新に日があいてしまいました。ここ数日色々なことをやった…

  4. マインド

    何か一つの能力で勝負するのではなく、総合力で勝負する

    好きなことや得意なことで生きるってなったときに、その一つのこと…

  5. エンタメについて考える

    面白いゲーム≠売れるゲーム

    どうも、いさお(@TakaoMeguru)です。今回は珍しく自…

  6. マインド

    多くの人の目に触れることが成長につながる

    人の目を気にし、他社との比較をよくしてしまう私は、自分自身がアウトプッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 就活と採用

    ○○人材とか○○職って一括りにできなくない?
  2. ○○を武器にする

    「グルメ」は武器になる
  3. エンタメについて考える

    私がなぜエンタメに触れるのか
  4. マインド

    できないことをできないという営業力
  5. エンタメについて考える

    e-sportsの盛り上がりが嬉しい話
PAGE TOP