マインド

実名で活動するメリットとデメリット本気で考えてみた

最近ふと考えたので、記事にします。

 

なぜネット上で偽名で活動する人が多いのか

そもそもなんですが、ネット上では実際の名前とは違う名前で活動する人って多いですよね。

全然違う名前から、実際の名前に基づいたあだ名のようなものまでその幅は広いですが、なぜかというと、下記2つの理由からだと思います。

  • 保身
  • 自分の好きな名前がつけられる

前者の保身については、細かく分けると2つあって、リアルで繋がってる人には知られたくないケースと、リアルと結びつくことで害が及ぶのを避けるケースでしょう。

ネットでリアルでは言えないことを言う、なんて人もいるでしょうし、日頃の愚痴や人の悪口を吐くような場合には、リアルで繋がってる人には知られないように偽名を使う必要があるでしょうし、何か意見を発したり活動をしたりすることで誰かから嫌がらせや迷惑行為を受ける可能性もあるので、それを避けるには偽名を使う必要があるでしょう。

リアルとは違う一からのつながりを作りたい、なんていうのもどちらかというとこっちですかね。

自分の好きな名前がつけられる、といった側面には、単純に好きにつけられるといった意味以上に、呼びやすい、覚えてもらいやすい名前をつけることができる、といった意味合いがありますよね。

オリジナリティを発揮することができたり、他の人とはかぶらない名前にすることができたりするわけです。

こういった理由からネット上では偽名というか、ハンドルネームを使う人が多いですよね。

 

実名で活動するメリット

じゃあ、実名で活動するメリットって何があるんだろうか、ということを考えていきたいと思います。

ふと考えてみると、経営者とか、ビジネス系で活動してる人って、ネット上でも実名って当たり前なんですよね。

そのあたりは慣習的なものと、会社の代表とか広報という立ち位置で活動するなら自ずと実名になるから、といった理由があるとは思うんですけど、ここにもつながってくるのが、実名だと自分の他の活動や経歴全てと結びつく、といった要素があります。

で、それがメリットになると思っていて、実名で活動することで、全ての活動を結びつけ、実績、ポートフォリオとして蓄積し、武器として活用することができる、というのは最大のメリットになると思います。

例えばSNSのフォロワー数やブログのPV数は一定ラインを超えれば十分実績として誇って良いものであり、それが本業じゃなかろうと、自分の能力の証明として使えるわけです。

また、学歴を含め学生時代までの各種活動履歴なんかも、実名の方が武器にしやすかったりするでしょう。

あとは、色々な分野で活動しているのであれば、自分の名前を通してそれぞれの分野の人が他分野のものも見てくれる可能性があるわけで、更に自分の活動を大きくしたり伸ばしたりすることができたりもするでしょう。

以前下記のような記事を書きましたが、まさに自分自身が広告媒体として、それぞれの活動を宣伝してくれるようになるわけです。

何事も人につく

あとは、単純に実名の方が信用を得やすい、なんて要素もあったりします。

過去にTwitterで見たことがあるのは、実名を晒してないような人の意見は聞くに値しない、みたいな話です。

確かに、適当にアカウント作って自分に何も被害が及ばないような状態で人の批判したりするのは簡単なので、適当に発言している人も多いでしょうし、そういった判断も妥当なのかな、と。

そういう人がどれだけいるかはわかりませんが、たしかにどこの誰かわからない人よりも、実名を公表しながら、変なこと言ったら自分に何かふりかかるかもしれないと思いながら活動してる人の方が信用はしやすかったりしますよね。

 

実名で活動するデメリット

じゃあデメリットはなにか、というと、一番は前半にも書きましたが、嫌がらせや迷惑行為を受ける可能性があること、でしょう。

今時ネットで調べれば色々な情報が出て来るわけで、実名が分かれば、住所の特定や本人に関する色々な情報の特定というのは出来たりもするわけです。

そうすると、それら個人情報だったり、知られたくない情報がネット上で流れてしまう可能性もありますし、ストーカーやら何やら、実際に嫌がらせを受ける可能性もあるでしょう。

YouTuberのはじめしゃちょーさんの家に牛糞が届く、なんて話もありましたよね。

参考:はじめしゃちょー自宅に「牛糞400キロ」 活動休止中の悪質イタズラ被害を報告

あとは、実名だと変なことは言えない、といった要素はあるでしょう。

適当なことを言ったらリアルの活動に支障が出ることもあるでしょうし、それ以降実名での様々な活動がしにくくなったりもするかもしれません。

まあ、これは責任と覚悟を持って発言する、と考えれば一概にデメリットとも言えないのですが。

 

まとめ

実名で活動するということは、メリットもありますが、正直デメリットもありはします。

なので、自分の活動ややりたいこと次第でどうするか決めればいいんじゃないかな、と。

私個人は色々活動しながら、それらを結びつけて上手く武器にしたいので実名で活動してますが、別にハンドルネームでいい、といった場合もあるでしょう。

YouTuberさんはほとんどハンドルネームだったりしますしね。

私の場合は、YouTube、ゲーム実況系は別の名前(Chross)を使ってますが、Twitterから簡単にこっちにも飛べるようにしてます。

メリットもデメリットもしっかり考えた上で、どちらかに決めて活動していくのがいいと思います。

関連記事

  1. マインド

    習慣化は非常に有効な手段

    会社勤めをやめてフリーランスになったり、何か新しいことを始めたりする時…

  2. マインド

    小さなことから始めよう

    人生生きていると、何か始めたいと思うことや、やってみたいことが出てくる…

  3. マインド

    著作権における「オリジナルに利するか」という指標

    フリーランスになってから強く実感するので記事にします。&nbs…

  4. エンタメについて考える

    コミュニケーションを生み出せ

    昨日下記のような記事を書いたんですが、実は一番ともいえるほど大事なこと…

  5. マインド

    現場で経験することが最大の勉強になる

    ゲームマーケットを終え、ミチトリの販売やら、Gakeoutの運営やらを…

  6. マインド

    YouTubeがモチベーション上がりやすい話

    最近私自身、YouTubeに対する熱が凄いです。それについて記…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ○○を武器にする

    人が集まるところにお金は集まる
  2. マインド

    現場で経験することが最大の勉強になる
  3. マインド

    人は思ったより他人に関心がないから大丈夫
  4. マインド

    ニーズを捉えればちゃんと数字は伸びる
  5. エンタメについて考える

    エンタメは地域おこしにもつながる
PAGE TOP